休業協力金の仕訳(勘定科目は雑収入)

休業協力金の仕訳(勘定科目は雑収入)
Photo by Esther Tuttle on Unsplash

休業協力金とは

休業協力金は新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、自治体からの休業要請により、または自主的に休業に協力した事業者に対して協力金を交付するものです。

休業協力金の勘定科目

休業協力金の勘定科目は「雑収入」になります。

休業協力金の所得税、法人税

休業協力金は所得税や法人税の課税対象となるため、収益として計上する必要があります。

休業協力金の他に、持続化給付金雇用調整助成金も課税対象となるので、同様に「雑収入」として計上します。

なお、世帯主に対して一律10万円が給付された特別定額給付金は非課税となっているので、確定申告は不要です。

休業協力金の消費税

休業協力金の消費税は不課税です。

休業協力金の他に、持続化給付金雇用調整助成金も消費税が不課税です。

休業協力金の仕訳

休業協力金を受け取ったときの仕訳は次のようになります。

借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
普通預金1,000,000円雑収入1,000,000円休業協力金
※消費税不課税

支給決定通知書を受け取ってから入金までに決算をまたいだ場合の仕訳

支給決定通知書を受け取ってから入金までに決算をまたいでしまった場合は、支給決定通知書を受け取った時点で「未収入金/雑収入」として計上し、実際に入金が行われたタイミングで「普通預金/未収入金」に振り替えます。

日付借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
3/20未収入金1,000,000円雑収入1,000,000円休業協力金の支給決定
※消費税不課税
4/20普通預金1,000,000円未収入金1,000,000円休業協力金の入金

※当サイトはあくまで一般的な情報をご紹介しているものとなります。内容に誤りがある可能性もございますので、確定申告など個別具体的な納税については必ずお近くの税理士や税務署にご相談ください。