収入と所得の違い

収入と所得の違い

Photo via Pixabay

はじめて確定申告をする人が混乱しがちなのは、収入と所得の違いです。

収入と所得の違い

個人事業主やフリーランスの人にとって、収入とは、仕事や事業で得たお金、売上です。

所得とは、収入から仕事や事業のために使ったお金、必要経費を引いた金額です。

つまり、収入と所得は、

所得 = 収入 – 必要経費

という関係になります。

サラリーマンも基本は同じですで、サラリーマンには必要経費が認められません。必要経費が認められない代わりに、サラリーマンには給与所得控除が用意されています。給料とボーナスの合計から給与所得控除を引いた金額が、サラリーマンの所得になります。

所得 = 収入 – 給与所得控除

所得税はこの「所得」に対してかかります。

収入にはこの他にも、アフィリエイトなどの副収入、生命保険の満期保険金、会社を辞めてもらった退職金、株やFXの利益、不動産の家賃収入などがあり、それぞれに経費として認められる費用や、様々な控除が用意されています。

確定申告を行う際は、自分が今年得た収入の種類に応じて、申告の必要性や経費、控除の内容を確認していきましょう。

※当サイトはあくまで一般的な情報をご紹介しているものとなります。内容に誤りがある可能性もございますので、確定申告など個別具体的な納税については必ずお近くの税理士や税務署にご相談ください。