【スイッチOTC薬控除】スイッチOTC医薬品の購入金額が1万2000円を超えた人は、確定申告で税金が戻ってくる

【スイッチOTC薬控除】スイッチOTC医薬品の購入金額が1万2000円を超えた人は、確定申告で税金が戻ってくる

Photo via ぱくたそ

平成28年に税法が改正され、医療費控除の特例として、スイッチOTC薬控除がつくられました。

スイッチOTC薬を購入した費用のうち、1年で1万2000円を超える部分について、最大8万8000円を所得から控除することができます。

この記事では、


  • スイッチOTC薬の種類
  • スイッチOTC薬の控除額
  • スイッチOTC薬控除を受ける条件
  • スイッチOTC薬控除はいつから?
  • スイッチOTC薬控除の確定申告に必要な書類

について解説します。

スイッチOTC薬の種類

スイッチOTC医薬とは、これまでは病院でしか処方されなかった薬を、一般の薬局でも市販薬として購入できるようにしたものです。

OTCは「Over The Counter」の略で、街でカウンター越しに売られている薬、つまり市販薬のことです。

医療用から市販薬(OTC)にスイッチされた薬ということで、「スイッチOTC薬」と呼ばれます。

スイッチOTC薬は風邪薬から湿布薬まで1500品目以上!

スイッチOTC薬の対象は、風邪薬から胃腸薬、水虫の薬、肩こりや関節痛の湿布薬、リップクリームまで幅広く、対象となる商品は1500品目以上あります。

自分が購入した薬がスイッチOTC薬かどうかは、厚生労働省が公表している「スイッチOTC医薬品有効成分リスト 」で確認することができます。

スイッチOTC薬の一例

スイッチOTC薬から、代表的なものをピックアップしてみました。どれもドラッグストアで買うことができる医薬品です。

  • アレジオン(エスエス製薬株式会社)
  • イブ(エスエス製薬株式会社)
  • エスタック(エスエス製薬株式会社)
  • メンターム(株式会社近江兄弟社)
  • ガスター10(第一三共ヘルスケア株式会社)
  • コルゲンコーワ(興和株式会社)
  • ジキニン(全薬工業株式会社)
  • ストナ(佐藤製薬株式会社)
  • ダマリン(大正製薬株式会社)
  • ナロンエース(大正製薬株式会社)
  • ノーシン(株式会社アラクス)
  • バファリンEX(ライオン株式会社)
  • パブロン(大正製薬株式会社)
  • バンテリン(興和株式会社)
  • フェイタス(久光製薬株式会社)
  • ブテナロック(久光製薬株式会社)
  • ベンザブロック(武田薬品工業株式会社)
  • メンソレータム(ロート製薬株式会社)
  • ロキソニン(第一三共ヘルスケア株式会社)

スイッチOTC薬の控除額

スイッチOTC薬控除の控除額は、1年の購入費用のうち、1万2000円を超えた部分です。最大控除額は8万8000円です。

例えば、スイッチOTC薬の購入費用が5万円の場合、5万円 – 1万2000円で3万8000円を所得から控除することができます。

スイッチOTC薬控除の額 = スイッチOTC薬の購入費用 – 1万2000円

スイッチOTC薬控除を受ける条件

スイッチOTC薬控除を受けるためには、健康維持や病気予防に取り組んでいる必要があります。具体的には、健康診断や予防接種を受けていることが適用条件です。

医療費控除との併用は不可

スイッチOTC薬控除は医療費控除と併用することはできません。どちらかを選択する必要があります。

医療費控除は、10万円を超えた部分について適用されるので、医療費が少額の場合は、スイッチOTC薬控除を選択した方がお得です。

スイッチOTC薬控除はいつから?

スイッチOTC薬控除は平成28年の改正で誕生した制度で、平成29年(2017年)1月1日からスタートします。

1月1日から12月31日までの1年間で購入したスイッチOTC薬の費用が対象になります。

スイッチOTC薬控除の確定申告に必要な書類

スイッチOTC薬控除の確定申告には、スイッチOTC薬を購入した際のレシートを添付する必要があります。

1枚のレシートで、一部の項目のみが対象となる場合は、分かるようにメモを書き込んでおきましょう。

※当サイトはあくまで一般的な情報をご紹介しているものとなります。内容に誤りがある可能性もございますので、確定申告など個別具体的な納税については必ずお近くの税理士や税務署にご相談ください。