年の途中で会社を辞めて、再就職していない人は確定申告で税金が戻ってくる!

年の途中で会社を辞めて、再就職していない人は確定申告で税金が戻ってくる!

Photo via ぱくたそ

結婚や出産、自主退職やリストラなどで会社を退職して、年内(1月1日~12月31日)に再就職をしなかった人は、確定申告を行うことで、税金が戻ってくる可能性があります。

確定申告で税金が戻ってくる!

退職して年内に再就職しなかった場合

サラリーマンは、源泉徴収と言って、給与から税金が天引きされています。

天引きされる税額は、年末まで給与をもらい続ける前提で計算されているので、年の途中で退職して給与を貰わなくなった場合、税金が納めすぎになっている可能性が高いです。

生命保険料や損害保険料、退職後に加入した国民健康保険料や国民年金保険料を控除することもできます。

結婚や出産で退職をした場合、忙しさで確定申告を忘れてしまいがちですが、確定申告をすることで、かなりの税金が還付されることがあります。

申告を行わないと、税金は還付されないので、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

年内に再就職した場合

年内に再就職した場合は、再就職先の会社で年末調整が行われるので、自分で確定申告を行う必要はありません。

再就職先の会社に年末調整に必要な書類を提出します。

再就職はしなかったけど、アルバイをした場合

再就職をせずにアルバイトを行った場合は、2ヶ所以上から給与をもらったことになるので、自分で確定申告を行う必要があります。

※当サイトはあくまで一般的な情報をご紹介しているものとなります。内容に誤りがある可能性もございますので、確定申告など個別具体的な納税については必ずお近くの税理士や税務署にご相談ください。